クラス ReusedIdentifier

    • コンストラクタの詳細

      • ReusedIdentifier

        public ReusedIdentifier()
        デフォルトコンストラクタ
      • ReusedIdentifier

        public ReusedIdentifier​(Identifier identifier,
                                SurrogateKey surrogateKey)
        コンストラクタ
        パラメータ:
        identifier - 参照元の個体指定子
        surrogateKey - 参照元のサロゲートキー
      • ReusedIdentifier

        public ReusedIdentifier​(SurrogateKey surrogateKey)
        コンストラクタ
        パラメータ:
        surrogateKey - 参照元のサロゲートキー
      • ReusedIdentifier

        public ReusedIdentifier​(SurrogateKey surrogateKey1,
                                SurrogateKey surrogateKey2)
        コンストラクタ. 再帰表が作成される時に利用する
        パラメータ:
        surrogateKey1 - 参照元のサロゲートキー
        surrogateKey2 - 参照元のサロゲートキー
    • メソッドの詳細

      • getIdentifiers

        public List<IdentifierRef> getIdentifiers()
        参照元の個体指定子(またはRe-usedキー)を返す
        戻り値:
        参照元の個体指定子(またはRe-usedキー)
      • getUniqueIdentifiers

        public List<IdentifierRef> getUniqueIdentifiers()
        参照元の個体指定子(またはRe-usedキー)を返す。 sourceとtargetで重複する個体指定子は1つにまとめる。
        戻り値:
        重複を排除した参照元の個体指定子(またはRe-usedキー)。
      • getSurrogateKeys

        public List<SurrogateKeyRef> getSurrogateKeys()
        戻り値:
        the surrogateKeys
      • addAll

        public void addAll​(List<IdentifierRef> identifiers)
        参照元の個体指定子(またはRe-usedキー)を追加する
        パラメータ:
        identifiers - 参照元の個体指定子(またはRe-usedキー)
      • addIdentifier

        public void addIdentifier​(Identifier identifier)
      • dispose

        public void dispose()
        オブジェクトを破棄する
      • isSurrogateKeyEnabled

        public boolean isSurrogateKeyEnabled()